NEW 

DRAGULA WORKS

DRAGULA / Lem ( れん) の名義でのを最近の中心に 一覧
イラスト漫画の他に各種デザイン等も承っております。
以前の仕事については、こちらWORKS »

Email : (★を@へ変更下さい)

■通常3日以内に、ご返信をお送りしております。
 5日以上返信が無い場合はお手数ですがもう1度ご連絡下さい。

ABOUT LINK

Link先とバナーは、こちらDRAGULA TOP »

DOUJIN

参加は Comic Market : DRAGULA で申込んでいます
発行物はイベント開催前日には告知予定

今後のイベント参加予定と
通販案内及び既刊については、こちらTwitter »

基本的に発行誌(イベント限定のコピー誌以外)は、すべて同人誌取扱い書店様に委託をお願いしております。
下記店舗様店頭または通販でお求めください。
虎の穴 / フロマージュ( アニメイト )
コミスタ / 快適本屋さん / CQ / まんだらけ / 他
Thank you for visiting DRAGULA site.
Please refer to this Journal for more My Doujinshis information & Oversea Mail Order Service.

2016-11<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017-01
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

 ここのところ

ますます私の時間が加速してる気がするー
メッセとかチャットだと話せるんですが、メールは本当に下手
すぎて涙(あ、涙の原料も血液だって?これはメモメモ)
で、ざんげちゃんの抱き枕が欲しい
お友達への返事に5時間、お礼のメール書くのに1週間以上。
ラブレター書くのに何年かけるの?って感じ。わーん。
申し訳さもやまなか。毎日土下座でごめんなさいです。
お返事はあと半分であります。今週中には…!

絶望ファンだと何となく
ついてなかったとしてもネタで自作する人いそうだけど
ちゃんと専用を備えて下さるあたりが たまらぬ! 楽しみ!
…まさか亀甲縛りとかしませんよ 
ええあくまで背伸ばし用ですものね うっははい

パソコンに向かうと寒くも無いのに
ガクガクしてくるようになってきた(末期) 
漫画怖いよ漫画 でもいくつか原稿終わったので
前回のネタメモ続き
ひさびさにWEB上系のデザインの仕事が入ってひゃっほーい
がんばるー


③何百年後にキッドが死神様をやってる頃には死武専同窓の人間生徒ってほぼ寿命で死んでたりしないか?
についての概要 まとまらないので箇条書き

クロナさんについての個人的な勘違い
・以前も言ったけど黒龍丸戦で目の前に神様(キッド)がいるのに、
・不可視論(地獄は頭の中にあって・神なんて居ないと)ぶちかますあたり惚れる。
・思い返せば初登場の時点でよりにもよって教会で、殺生冒してた時点でアンチ神くささがアルデヒド。
・魔女もといメデューサ様が羽黒教授に見えてきたぞーもしくは妲己ちゃんで
・生むのが得意な魔女に破壊を求める衝動があったり
・一般的にその破壊の象徴たる死神が逆に維持を求めてるって
・本来逆の要素をお互いが求めてるってタナトスとエロス的でえろくね?えろーえろろー


キッドさんについての個人的な勘違い
・死神の統治ルールを壊してしまいそうな気がしてしょうがない
・そろそろこの人のエリート街道をへし折られる(死神の根柢を覆される)何かがおこるような気がする人、その場で挙手
・死神様のアバウト加減といい親子似てないのも気にな(略)
・神様っていうかせいぜい大統領つか王様と王子(笑)ぽいポジ
・つまりすごく人間に見えるのはなんでだろ? 魂が見えてるせいかな…
・魂感知能力っても武器の人も魂掴んだり喰ってるってことは見えてね?見えてるの見えてないのどっちYO?
・魔女側(悪?)と死神側(善?) だとしたら、そのバランスが乖離するのはだめという
・自分の思い通りにする気満々な、黒龍丸戦の発言も気になる 何様ですか ※神様です
・しかしながらパーティーでは「みんな逃げたりしない~」クロナと同じ向こう側(人外という自覚があるような)と
・とれるような発言したり。殆ど人間とかわらないくせに引くとこはやっぱり一線引いてるのかな? 
・「自分のペースで~」って自分自身にも言ってる言葉なのかなと勘繰っちゃうYO
・つまりそれって自分の運命を納得済みで人間全てを愛す気満々な気がしてしょうがない(生まれつきそういうの大丈夫な生真面目性格といえばそんな気もするけど、理由なきゃあんな仕事やってらんなくね?)
・そう決めた理由があるのか無いのか またはこれからなのか はまだ不明なので、今回それはおいておくとして

以上を ねるねるねるねで ぐひゃひゃひゃ 練れば練るほど電波がま(略) チャーラッチャラー
「時も魂も、どれも移ろいゆくものである。本当の価値とは固定できず、固定できぬからには数えられず、
大切なものは、留めておくことはできない。いつも去りゆく危険を孕んでいる。
だからこそ、それはかけがえのないものなのだ。」
「二度と口にしないので、どうか覚えていて欲しい。」
「<私達>が、何だかんだ言ってもあなた方人間とのつきあいをやめられないのは
あなた方が美しいからなのだ。<私達>には決して見せられない美しさを秘めている。」

友よ逝き急ぎし友よってか、座敷わらしの掟より。ピーターパンテーマ含み。
連中に、遺伝的制約(寿命)が無い(もしくは長すぎる)ものとしたら、有限性によりその価値や尊厳が自分らより
はるかに強い人間に、その最愛の人間達に焦がれ続けてしまうんじゃないだろうか。
そのかわり自分の人間らしさで誰を傷つけるかっていったらそれは己っていう。
一聞では爽やかに聞こえるこの口上、その実、本当に完璧<神>であるためには
不完全<人間>でなければいけない自己否定。
ただの死神っていう人もどきではなく、いっそ現象だったらよかったのにと自覚無しにじわじわと。ドグマ拒絶という
皮肉で自分を保つ、数百年不眠症のキッドさん(タナトス)と、その肝心なところで不器用な友<人>
もしくは隣<人>のために 相変わらず、神なんていない(意味は黒龍の時とは変わっている)と、
静かに嘯き続けるクロナさん(エロス) in 草葉の陰ぽい場所ですれ違う話するのはどうだろう。
ジレンマに泣けるほど子供じゃないし、でもそれを我慢できるほど大人かどうかすら わからない
そんな停滞した時間に残った子達の同窓会。情と情が対消滅して無常感すら残らない。

初代ブラマトのEDかっていうオーソドックスな、王子様とお姫様は 末永く幸せにくらしましたとさっていう
いわゆるこの、お伽噺の常套句は、何とも完備で甘美で官能な完だよねって話を
(私はそれが大好きなのだけれど) あえてそんな結末、ニヒリズムに見えるじゃんって
カリカチュアライズして、バッドED風味な古い映画のエンドロールを
BGMは WonderWall に見せかけて、Virtual Insanity でよろしくな で、
いつかキッド×クロナもといキッドVSクロナで描いてみたいなという野望であるよ。
誰がために?何のために?そんなもん無く、ただ、印象を全て混ぜたらそういう景色が見えたんだもの。

てめぇの説明が下手すぎて、何言ってるかわっかんねー 要約しろ→
タナトスとエロス(アリプロのおかげで今や有名な:笑)が、お互い 自覚無い 片思いに似た関係。ありがちな。
と、想像していただけたら。カップリング話に見えないけど、キックロの、この人外なこの立場の
組合せでないと語れないので、ある意味CP(交配ではなく相互作用の意味で)話。

ノルウェイの森が本棚で行方不明
でもこの話、誰もっていうか、私自身もたぶん楽しくないので、この愛、無かったことに。時間があったらコミケで
実験無料配布したいのだけれど、時間無い死。全てに説明入れたら説教くさくなる死、
だけどそれが無かったらたぶん意味不明だ死。そもそも漫画苦手だ死。

結論
冬コミは特に何も考えない キックロエロエロ本にする。


とんでも哲学もどきの話は、絶望先生の望先生の死ぬ死ぬ詐欺もとい自殺癖と消極的事実の証明を
ブレンドしたのがうちの小説本の夕昏奇憚(ES31/08)とES01/09、で。わかりやすく<可能性の話>にして
あるけれど、結末が分岐しはじめるのは、准望の二人が揃ったところからという。こちらも皮肉ひゃっほう。

上記とは別件の
うっかりいつもメモし忘れてまうので他にもあったけどネタの一部(どこまでうっかりすれば気がすむの)
・ヘルシングの少佐の言う「お前の神様の正気は一体誰が保証してくれる~?云々」(ウロ憶え)も好きだなぁ
・キッドさんは肉体のほうが打ち出の小槌的パワーアッポウと引き換えに精神の方に影が見えてきそうでわくてか
・クロナさんが女の子(の部分がある)としたら母親になりたいって願望あったら可愛いくね?
 これは後日広げてみたい かも
・クロナさんってパンツはいてなくね?…いっそマエバリ(ラグナロクブランド)でいいじゃんマエバリ…
 え何その目やめてくぁwせd
・クロナさんの父上は(神話通りなら) CDドラマにちょろり出てる海神ポセイドンの可能性。
 …これはなかったことに。だって俺様はロデムのほうが好きだから・・・
  1. 2008/11/17(月) 19:18:53|
  2. ソウルイーター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

きた

またも忌野君の才能の無駄遣いが・・・
同じもの見てるとは時々思えない
  1. 2008/11/18(火) 00:58:51 |
  2. URL |
  3. 丸之内
  4. [ 編集]

ただの妄想だと何度言(略)
つか私のなんてせいぜい http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&rlz=1T4SNYA_ja___JP273&q=%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%8E%E9%A8%92%E5%8B%95+%E3%83%A1%E3%83%A2&lr=
この範疇の、さらに視野狭めなマイ設定思い込んでるだけと全く同じだぜ
上の私はキックロにしか興味ない代わりムダに全力というだけの話で、
それがわたいの似非エンタメ力の限界値なので、この辺で諦めてあげて!(笑)
  1. 2008/11/18(火) 03:48:30 |
  2. URL |
  3. 忌野Lem
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

★ トラックバックURLはこちら
http://dragula.blog3.fc2.com/tb.php/498-4636b84f


RSS 1.0 | HTML 4.01 | RSS FEED
RSS配信RSS登録
All page view 240000+

blog seo tool : track word  blog SEO tool        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。